M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■神戸のメイド喫茶閉店
神戸にはメイドブーム創成期から何気にメイド喫茶ができていました。
「神戸KANON」
そのお店が6/30を持って閉店する事になったそうです。
http://kanon-neko.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/kanon_a7c9.html
6/30は会員限定イベントらしく、一般(笑)の人は29日の日曜までのようですね。

2003年頃、神戸・三宮 センタープラザ3Fに駸々堂カフェスペースの跡地にオープンして、
メイドマニアなオタクにも有名なお店だったようです。(メイド喫茶フィギュア関西版にも入っていた模様)
オープン当初は何度か入った事がありましたが、それ以降特に行く事はありませんでした。

MASAKIはメイド喫茶の(一般的な)接客がキライなんですが
この店には、それなりに面白い思い出もあるので
(上半身裸絶叫、メイドナンパ失敗事件、似顔絵居座り野郎、メイドの本音など)
無くなるとなると、寂しく思いますね。

こういったオタク相手の商売って意外と美味しいイメージがありましたが、
ここ数年の不景気・物価高騰はネタ系飲食店にとって厳しい状況なのかもしれませんねぇ。
一度、ここの店長(オーナー?)に話を伺ってみたいですねぇ・・・・。

ちなみに。
元町にあと一軒、経営者が同じメイド喫茶があるので、
神戸からメイド喫茶が無くなる訳ではありませんので、
マニアの方はひと安心でしょうw
スポンサーサイト
■復活!WHITE ALBUM
ごきげんよう。
先日、生まれて初めてビアガーデンに行く事になりました。
雨で中止になってしまいましたけどね。
今だビアガーデンヴァージン。

rina.jpg
10年ほど前に発売されたエロゲー
「ホワイトアルバム」が来年にPS3で販売、TVアニメ化すると発表がありました。
PS3版公式:http://aquaplus.jp/wa/index.html
TVアニメ版公式:http://www.whitealbum-tv.com/

いや~まさかこのゲームが今更発売されるとは思いませんでした。
ある人に勧められて買った事があるゲームなんですが、当時としては面白いニュアンスで作られてました。
 ・主人公には最初から恋人が居る。(Hな関係はまだなウブなカップル)
 ・他の女を攻略する際は浮気という形になる。
 ・恋人はほぼ最後まで主人公を信じているので、必ず悲しませる結果になる。
 ・特定の女を攻略した場合、重い修羅場展開が待っている。

男が最低なのは今も昔も変わりませんけどねw

そんなゲームがPS3。
・・・・・・3は無いだろ3は。
どう考えても2で十分な気がします。
変な企画があるなら別ですが・・・・。(アイドル設定なので3Dキャラを使ってライブさせたり、着せ替えさせたり、コシュチュームをユーザーにネットワークで購入させたり)

で、アニメの方ですが2chとかによるとそれなりにスタッフは揃えている模様。
(詳しくないのでわからんが・・・)
キャスティングは有名実力派(笑)若手声優を起用
 ヒロイン(恋人の方)森川 由綺:平野 綾(涼宮ハルヒなど)
 ヒロイン(寝取る方)緒方 理奈:水樹 奈々(なのはのフェイトなど)

狙いすぎだろwwwwwwww
CDとかDVDとか出して、ライブとかやるんだぜwwwwww
やるんだったらコスプレさせろwwwwwwww
ってか、演技的に逆じゃないのか?って思った。
■落とし物検索システム・・・・なんて、あったんだ。
【周知不足?使いにくい? 落とし物ネット検索が低調】
インターネット上で落とし物を捜すことができる「落とし物検索システム」の導入から半年で、持ち主へ返還された兵庫県内の落とし物は、全体のわずか0・01%程度と低調だったことが二十一日、兵庫県警のまとめで分かった。
半世紀ぶりに改正された遺失物法の柱とされた制度だが、制度の浸透不足に加え、ネットを日常的に利用しない世代は直接警察署に問い合わせていることなどが原因とみられる。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001159558.shtml
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
ってか、そんなシステムあったんですねぇ。兵庫県。
住んでますけど、全然知りませんでしたwwwww

簡単にまとめると、去年法律が改正されて保管期間が短くなってしまったが、
その分手続きなどを緩くし、警察だけでなく電車やデパートなど人の集まって落としもが多い施設は
保管・処分ができるようになった。

で、今回の「落とし物検索システム」は手続きが緩くなったので採用された、警察的に楽ができる画期的なシステムだった訳ですが、
知名度が低いせいか、まともに機能しなくて困ったって話。

日本人の悪い点かもしれませんが、ある程度したら「諦める」って感情があるじゃないですか。
「探すの面倒だし、もう見つからないだろう」とか
「仕方が無い。落とした事は勉強代って事で今度気を付けよう」とか
とにかく諦めの感情が強いですよね。
あと「また買ったらいいわ」的な物を大事にしない消費癖。
こんなんだから、いくらシステムを用意しても無駄なんじゃね?と思う。

まぁなんだ。
もし何かを落としてしまった時は、落とし物検索システムを思い出して上げてください。

・兵庫県警 落とし物ページ
http://otoshimono.police.pref.hyogo.jp/



・・・・今さっき、上記のページのURLを紹介しようと兵庫県警のHPを見に行った訳だが、
細かい字でゴチャゴチャしてて、見る気が失せる。
これも利用されない原因の一つじゃないかと・・・・・。
■アキバ事件後の募金活動
JR秋葉原駅前では、コスプレ姿の若者たちが、AED(自動体外式除細動器)の設置費用を求める募金を呼びかけていた。
http://mainichi.jp/select/today/news/20080616k0000m040065000c.html
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
あの通り魔事件の後、何か行動を起こそうと若者達が立ち上がったらしいです。
とてもいい事ですが、活動メンバーの中に、以前に秋葉原で多くの方に迷惑をかけた連中が在籍しているというので、色々と問題が起きてしまったようです。
・当時の迷惑の内容(当ブログより引用)
http://masakib.blog68.fc2.com/blog-entry-297.html


現在はメンバーから外されたッぽいです。
そりゃそうですわな。
マジメな活動とはいえ、実績の無い団体(コミュニティ)が何か活動を続けていくには、
熱意と資金と信用が必要になってきます。
(実績があってもいるけどなw)
特に募金なんて、全然知らない多くの人の協力で成り立つ物ですから、
信用(信頼)はとても大切になってきます。

ところが、この募金活動でまるで広告塔のようにテレビなどに出てた女装キモオタは
上記の問題を起こした人物。
信用してもらうアキバ住人から最も信用されていない人ですから、信用もへったくれもありません。

活動団体からしたら、これほどマイナスになる人物も居ないのに、何故参加させたのだろうか・・・・?
絶対に後から問題になる事は見える訳で・・・・・。
本当に何も知らなかったのだろうか?
知っていたが、頭数揃えの為だったのか?
本当に広告塔になって役に立つと勘違いしていたのだろうか?
付き合い上、仕方なく参加させたのか?

そんな変な事ばかり気になります。
活動内容自体は頑張って欲しいと思います。

AKIBA AID 2008 公式ブログ
http://ameblo.jp/akibaaid2008/

AKIBA AID 2008 問題まとめWiki (監視所)
http://www8.atwiki.jp/antiakibaaid2008/
■土日
asari.jpg umi.jpg
先日の土曜は友人に誘われて、潮干狩りに行ってきました。
海で遊ぶのは約6年ぶり、潮干狩りは小学生以来ですので・・・・ゲフンゲフン。

会場は家族連れが多く、
狩りの最中に、小さい子供達が暴れ回る事に「イラッ」としたりもしましたが、
最後は我々大人の方がはしゃいでた気がしますw

水着のお嬢さんも居ました。
上Tシャツ。下ビキニのパンツ。
この娘、絶対に狙ってるわねっ

とりあえず、全裸女の写真だけでもご覧下さい



art.jpg

砂だけどなw
結構頑張って造ったナリよキテレツ。
めっちゃ楽しかったですwwwww

その日の最後のイベント。
深夜の駐車場閉じ込められ事件もいい思い出です。


日曜日は友人とデートしましたw
もうね。
歩きすぎ食いすぎwwwwwww
楽しかったけどヘトヘトですw

お誕生日プレゼントにデカいマグカップを頂きました。
ありがとうございました!
■雪印コーヒー
534000011.jpg
大好きだった雪印ののコーヒー。

久しぶりに飲んだら、甘ったるくて、しんどかった。

ああ、微糖に馴れ過ぎたのか。
新しいお気に入りコーヒー系飲み物を探さなくてわ・・・・。


アキバの事件のはネットラジオで話題にしよう。
■薄くて高い本のフリーマーケット
薄くて高い本のフリーマーケットin南港インテックス大阪に行ってきました。
結構久しぶりなんですw最近2chで良くみる(4コママンガを転載されてる)作家サンが参加されるらしいので、作品を購入させてもらおうと思い立った訳です。
あと、これまた2chで最近有名なAAを使ったキーホルダーを購入したいってのもありましてw

感想としては
駐車場がねぇwwwww(南港全体でいろんなイベントが同時開催だった為)
キ●ガイおばさん怖すぎ(最後に即売会の警備代表のおッさんの「シッシッ」は気に食わなかったが)
男の女装コスプレはいい加減やめてくれ(気持ち悪い。不愉快。鏡見ろよ。)
別イベントのコスプレイベントの連中、凄すぎ。(恥ずかしくないのか?皆、顔が怖い。病気臭い感じ)
それ以外は概ねよかったんではないかと・・・。

同時刻に秋葉原では通り魔事件が発生していた訳で・・・・。
考え方によっては今日の会場のような所だって、襲われたらひとたまりもない。
怖いなぁ。
■海外旅行は気を付けなくちゃっっ
オフ(ってか、立ち話)が一段落し雨も降ってきたので解散しようとした時、
一人のおじさんがボク等に声をかけてきました。

英語で。

おじさんはアジア系の人なんですが、全く日本語は喋れないご様子。
地図とホテルのチラシで何かを言ってますが、チンプンカンプン。
しかし、そのまま無視して行く訳にもいかず、なんとか聞き取ろうと頑張ります。

“ホテル、レイン、シャトルバス、ステーション、ストリート”まで聞き取り理解できましたが、
後は全く判らん訳でw
多分状況から・・・・
「ホテルに帰りたいがシャトルバスが来ない(無い)、道が判らない、雨が降ってきて困ってる」
って感じだろうか?

4人居る中で、一人医療関係が頑張って何とか会話に持ち込もうとする。
残り3人は検討会w
「歩いてこのホテルは遠いだろ」「雨降ってるしね」
「タクシーはどうだ?」「あの英語じゃなぁ」

医療関係がホテルに電話してみるが全く繋がらない。
「時間的に深夜だしなぁ・・・・」
(ホテルって深夜は電話とらないのか?●横インだけとか・・・・)

「あーもー面倒くせぇ ボクが送ってく」
いくらなんでも困ってるとは言え、知らない人(しかも外人)を車に乗せて連れて行くなんて行為は何があるかわからんし怖いですよ。ってな訳で最初は断わったのだが、
あーだこーだ言ってても埒があかない状況で、いつまで経っても帰る事が出来ません。
結局MASAKIが送る事で決着つけました。

ただ、本当になにかあったら怖いので、その場に一緒に居た空手経験者を同乗させて出発w
数分後、結局何もないまま無事にホテルに到着。
おじさん「アリガトウゴザイマシタ」と言って、ホテルに帰って行った。

普通なら、「いい事をして気持ちいい」とかで〆る所だが、
「おじさん、外国に来てるんだからもうちょっと気をつけた方がいいんじゃね?」と思ってしまう。

マトモにその土地の言葉が話せないのに夜遅くに外出するとか
シャトルバスに期待して時間とか考えて無い所とか
深夜にたむろしている若者に助けを乞うとか

どうも「浅はか過ぎる」気がして仕方が無い。

もっと危機感を持って行動した方がよくね?と思う訳です。
だからあんまりスッキリしない。
■ダッチワイフ?いいえ、ラブドールよ!
up094978.jpg iup515931.jpg
【話題本「南極1号伝説」にみる「ラブドール」変遷史 】
無口な「恋人」として多くの男たちを慰めてきた「ダッチワイフ」。その歴史をひもといたノンフィクション「南極1号伝説」が話題だ。
「南極1号」の意外な誕生秘話から、ダッチワイフから最新のラブドールに至る進化の変遷までを網羅している。登場するのは、メーカーからマニアまで、「人形」を愛するディープな面々だった。

 1日付の全国紙に、おもわずギョッとする本の広告が掲載された。タイトルは「南極1号伝説」。「南極1号」すなわちダッチワイフの歴史を描いた異色のノンフィクションだ。
 インパクトある広告効果もあってか、発売4週間で東京書店の週間ベストセラーで2度ランクインする健闘ぶりだ。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_06/g2008060616_all.html
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

今ちょっと読んでみたい本ですw
ダッチワイフ。空気嫁。南極2号。ラブドール。など、いろいろな名称がありますが、ぶっちゃけオナニーグッズですね。
正直、世間的なイメージで言うと「キモイ」などのマイナスイメージがありますが、
オリエント工業などの製造メーカーのHPを見ると、キモイとかのイメージの前に「凄い」と思ってしまいます。
人形ですから生身の人間とは違いますが、マネキンのような冷たさも無く、2D→3Dの萌えフィギュアとも違う、下手したら芸術性までいけるかもしれないデザインに、職人の努力とこだわりに脱帽します

かつて、アニメ雑誌「アニメージュ」(徳間書店)に、編集部がページ埋めに自分達の好きに書くページだったのかもしれませんが、ダッチワイフが紹介されダッチワイフの現状、メーカの考え、ユーザーの思いってのが書かれていました。
流石に記事の内容にクレームがついたのか、それ以降は緩いネタしか扱わなかったと思います。

でもクレームを付けるって事自体が変な話で、「臭いものには蓋を」「子供にキレイなものだけを」ってダメだと思うんですけどね。(そりゃ、セックスだなんだと書かれてたら考えるが)
そこに書かれている本質ってのは、色々考えさせられるものだと思いました。
身体障害者や老人の性処理等、身体的に風俗に行く事はできないが人肌に触れたい人のささやかな願いをかなえる為など。
もし自分がそのような環境になってしまった時など色々考える事ができます。

今回紹介されてる本のタイトルにもなっている「南極1号」
若い南極観測隊々員の長期活動の為に開発されたモノらしいです。
(実際は使われなかったみたいですがw)
恋人も奥さんも風俗嬢も居ない環境。性処理が施されない若い男性隊員の募る不満
上記の身体的問題の為の人達と近い環境とも言えますね。
不満が溜まると作業効率の低下だけでなく隊全体の士気の低下。場合のよっては生命の危機の可能性だってあります。
ダッチワイフは決してバカにしたモノでは無いと思いますね。

流石に表街道を進む事は無いと思いますが、毛嫌いせずにその存在を認めていって欲しいと思います。




でも、ダッチワイフと旅行とか、集合写真とか(実際そういったコミュニティーやサイトがある)
表に出すぎもどうかとは思いますが・・・・。

南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史
(2008/04/05)
高月 靖

商品詳細を見る

ユリア100式 1 (1) (ジェッツコミックス)ユリア100式 1 (1) (ジェッツコミックス)
(2006/08/29)
萩尾 ノブト原田 重光

商品詳細を見る
■大らかな時代のウルトラマン
先日、職場で上司がお子さんと再放送のウルトラマンを観ていたそうです。
その時の話の内容が突っ込みだらけらしいw

ウルトラマンのその日の相手は怪獣ゴモラ。
激しい戦闘の最中、ウルトラマンがあるモノを落としてしまいます。


「変身カプセル」(正式名称:ベータカプセル)

いやいやいやいやいや
落とすなよそんなモノ!!!!!
っていうか、落とすような物なのか!?
あの体のどこに隠してるんだよ!!!!!
それにウルトラマンの巨体から落とすんだろ?絶対壊れるだろ!!!!!!


そして、落としてしまったカプセルを少年(今回の話のゲスト)が拾います。

ちょっと待て!
なんでウルトラマンと怪獣が戦ってるそばに居るんだよお前!!!
どう考えても危ないだろ!!!!踏み潰されてるだろ普通!!!!!


その後、少年が友達とウルトラマンごっこ(?)で遊ぶシーン
少年は拾ったカプセルを大空に向けて掲げます。
「変身!」


コラこらこらこらこら!!!!!!!!
なんでウルトラマンが変身するヒーローって知ってるんだよ!!!!
なんで変身カプセルを掲げて変身するって知ってるんだよ!!!!
個人情報どころの話じゃねーぞ!!!バレバレじゃねーか!



そんな感じでずっと突っ込んでいたそうです。
上司曰く、「子供の頃、リアルタイムで観ていた時は気にもしなかったんだけどなぁ」

今だと、ネットなどで叩かれたりするんでしょうけど
当時は大らかだったんだと思います。
それと、ストーリのリアリティーより、視聴者の子供たちを意識した作品作りを心掛けていたのでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。