M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ひょっこりひょうたん島
up0158.jpg
若い人は殆ど知らないだろうし、MASAKIと近い世代の人も名前くらいしか知らないと思いますが、
放送当時、絶大な人気を誇ったNHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」
人形達はNHKのマスコットキャラになったり、CM等に使われたりと世代を超えて愛されていたのですが、
実は「死後の世界」って設定だったらしい。

2000年頃に原作者がある大学の講座で明かしたらしく、大人に負けない・振り回されない子供。子供のようはしゃぐ大人達。大人も子供も無い世界を描きたかったようだ。
ところが予想外に人気が出てしまい、「死後の世界である」という設定を出す事が出来なくなってしまったらしい。
(物語の随所には、ソレを匂わせる演出がされていたらしい)

それまでは都市伝説ネタとして言われる事があったが、ネタが本当だったという恐ろしい話。
2000年では今ほどネットも普及していなかったので、一部のファンが知っている程度のネタだったんでしょうねぇ。

子供向けの癖に、そんなキッツイ設定だったとは・・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。