M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■江戸時代の天才職人
http://www.nicovideo.jp/watch/sm230385
http://www.nicovideo.jp/watch/sm230440
ソースがニコニコ動画(会員制コメント機能付動画サイト)で申し訳ないのですが、江戸時代から明治時代に活躍した発明家「田中久重」の作った和時計「万年時計」を解体研究し、レプリカを作るまでの動画です。
田中久重に関しては、こちらhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E4%B9%85%E9%87%8Dをご覧下さい。

動画では、現代の技術者達が設計図も見つからず、今まで謎とされてきた「万年時計」を解体する所から始まります。

数ミリ程の小さい歯車の神がかった制度の高さ。
単純ながら思いつきもしなかったアイデア。
一つの時計に組み込まれた7つの機能。
芸術品としても優れた装飾。
何よりコンピューターも機械もない時代なのに、現代の技術を凌駕し最高の性格さを併せ持つ。
まさに日本が世界に誇るべき時計だとわかります。


あまりの技術力の高さにため息がでてしまいます。
また、現代にその技術が伝わりきれていない事を惜しくも思います。
現代は何かを開発する事には必ず予算、利益、効率、時間が関わってきます。これは生きていく上で仕方ない事だし、悪い事ではないと思います。
ですが、結果として能力、技術、情熱の低下を生み出してしまうのかもしれませんね。

今の時代を田中久重が見たら何と思うのでしょうか?
また、今の技術と田久重の技術とアイデアが合わさったら、日本と世界はどのように変わるのでしょうか?
田中久重のような天才はこの後生まれてくるのでしょうか?
叶わない事ばかり気になります。

しかし、本当に昔の人たちの頭脳と技術と情熱は凄すぎますね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。