M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■いのしし年と災害
今年ももう半分が過ぎたと言うのに(ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!)
今更ながらテーマは「いのしし年」です。

先日、日本列島に猛威を振るった大型の「台風4号」。
そして、その台風の被害が冷め止まぬ、昨日7/16に発生した、「新潟県中越沖地震」
被災地の方々にとってはたまらない事だと思います。

このような災害というのは毎年起きていると思いますが、
日本において、特に大型の災害が「いのしし年」に集中して起きているのをご存知でしょうか?
1995年 阪神・淡路大震災
1959年 伊勢湾台風
1923年 関東大震災

災害自体は毎年日本の何処かで必ず発生していますが、
特に大規模で有名な上記災害が全ていのしし年に発生していたというのは、気になるところです。

イノシシと言う動物は見た目と違って普段は臆病な動物で、静かなものである。
ところが一度走り出したら、時速50kmで突進してくる。(自動車並み)
体当たりでも食らったなら、怪我だけでは済みません。シャレにならんw
まるで、地震のような存在ですね。
普段静かな大地が、突然目覚めたかのように気性荒くいのししのごとく暴れ出す。暴れ出したら止められない。

http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/tenpenchii/pdf/shiryo_04.pdf
上記PDFは国土交通省中部地方整備局発行の災害年表です。
これによると、地震・台風などの災害は特にイノシシ年に集中している訳ではないのが、データーで判ります。

結局、いのししという動物のキャラクター性が、地震と結び付き「いのしし年には、大災害がおきるかもしれない」と印象付けているだけかもしれませんね。


しかし、死者5000人を越えるケースは、阪神淡路、伊勢湾、関東の3ケースのみのようです。
(データーに残されていないモノもあるかもしれませんが・・・)
気にしすぎる事は無いと思いますが、頭の片隅に気に止めておくぐらいはしておいた方がいいかもしれませんね。
「何かあるかもしれない・・・」

ちなみに、日本は伊勢湾台風以降に高度成長期を向かえます。
その間、阪神大震災が発生するまで、殆ど大災害が無かった訳ですから、
日本の成長は、ある意味、奇跡に近いモノだったのかもしれませんね。
成長出来ていたおかげで、復興に10年以上かかると言われた阪神・淡路大震災は、約2年ほどでほぼ復旧する事ができた訳ですから・・・・。


参考:ググった先の各サイト・ブログ


被災された方々へお見舞い申し上げます。

コメント
この記事へのコメント
向かってきた猪をかわしてキック!!!!

奴らの脇腹は硬いんですよねw
2007/07/24(火) 00:20:16 | URL | NS #-[ 編集]
>>NSさん
奴らの脇はそんなに硬いのか!
でも、もしいのししが突進してきたら、かわして反撃ってのは出来そうっって昔から妄想してます。先の事は考えていませんがwwww
2007/07/24(火) 02:17:05 | URL | MASAKI #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。