M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■伝説のハガキ職人
オールナイトニッポンの「秋元康」
嘉門達夫専属「荷塚虎太郎」
ジャンプ放送局「竜王は生きていた」
etc・・・・。
ラジオ、雑誌においてハガキ職人は居なくてはいけない重要な人物。
彼らのネタは色あせる事なく笑いや感動をいつも我々に提供してくれる。
そんな彼らも時間と共に、次のステップへと消えていく。

しかし、そんな万年人材不足のハガキ職人の中に居て
いまだに現役。伝説の名を欲しいままにする人物が存在する。

男の名は「三峯 徹」(みつみね とおる)
約18年間という長きに渡り、ありとあらゆる、ほぼ全ての成年向け雑誌(ぶっちゃけ「エロマンガ雑誌」)の投稿ページにイラスト投稿をし続ける伝説のハガキ職人。

あらゆる意味で伝説の名を欲しいままにする男・・・・。
ちなみに絵柄はこんな感じ・・・
mimtit01.jpg

この程度で突っ込むな!
むしろ三峯徹作品の中じゃ高レベル作品だ!

18年間変わらない絵柄(一向に上手くならない)で投稿をし続けてるだけでなく
どのエロマンガ雑誌を見ても、必ず1枚は読者ページに採用されている実力者。
むしろ、「彼のハガキが載らないエロ雑誌はモグリ」と言われる程でもある。
先日、開催された同人誌即売会に初参加。
そこで三十代最後の作品と書かれたチラシが発見されたため、現在39歳と思われる。


ぶっちゃけ、昔から「下手だなぁ」「なんで載ってるの?」「どの雑誌見ても居るんですけど!?」と少年のハートは驚かされてばかりだった。
でも、三峯徹のエロ画像作品を見てモヤモヤした事は一度も無かったがwwww

何度も書く様だが、彼のエロマンガ雑誌の読者ページにおける掲載度はずば抜けて凄い。
『友人5人それぞれのベストエロ本を持ち合った時全てのエロ本に三峯徹が連載していて腹が破れるほど笑った(w』
『新雑誌(エロマンガ)創刊の際、読者ページへの投稿ハガキの中に彼のハガキを見つけた時の嬉しさといったら・・・・』という話があるぐらいだw

秋葉原では三峯 徹イラストのTシャツが販売されてるお店もある模様。
実はMASAKIもちょっと欲しかったりwwww

もしこのブログをご覧の方々で、エロマンガ雑誌を見かける事があれば、読者ページを探してもらいたい。
必ず「三峯 徹」の名前とイラストがあるはずだから!!!!




・・・・・って、普通は読まないよなぁwww
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。