M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■バーチャルアイドル発生学

映像:バーチャルスター発生学(少女革命ウテナより)

今回かなり長文な上にマニアックです。注意w

最近なにかと話題のDTMソフト「VOCALOID2・初音ミク」
youtubeやニコニコ動画などのMADムービー、オリジナルムービーなどで人気となり、
ネット、雑誌などで取り上げられ、脅威の売り上げ、
TBS「アッコにおまかせ」にてオタク叩きのネタに祭り上げられ、
wikipediaでの削除合戦も有名となり
yahoo!、googleのイメージ検索に引っかからないと言った謎の現象が起きるという
何かと話題の尽き無いソフトです。

詳しくは・・・・
公式サイト:http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv01.jsp
ウィキペディア:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AF

さてさて、コンピューター上でユーザーの希望通りに歌うソフトと言う事で
萌えキャラを加えて、「バーチャルアイドル」とした訳ですが、
世の中、意外と「バーチャルアイドル」として作られたキャラが数年前から存在する事に
驚きました。
【芳賀ゆい】1989年~1990年末
いきなり二次元キャラでなく申し訳ないが、一応バーチャルアイドルのはしりとして紹介。
ラジオ「伊集院光のオールナイトニッポン」にて他愛の無い話題から始まった「理想のアイドルを俺達で作り上げよう」というよな企画で誕生したキャラ。
プロフィールに関しては投稿等で深く掘り下げられたが、ビジュアルに関しては理想像を崩さない為、素顔を見せない方針を取っていたようだ。(写真は全て顔を隠したり後姿だったり)
メイン活動はラジオだが、雑誌やテレビでも取り上げられ、CDデビューも飾っている(作詞が奥田民生でワロタwwww)
サイン会やイベントまで開催し(複数の女性が「芳賀ゆい」として登場w延べ60人近く居たらしい)
番組終了に合わせた引退の際は伊集とのスキャンダルを雑誌「フライデー」の協力にてスッパ抜かれる懲り様w
ある意味伝説のバーチャルアイドルとなるw

【伊達杏子】1996年~活動中wwwww
PCが一般的になり始めた90年末。CGの発達から、3DCGクリエーターが多く誕生。
クリエイターはオリジナルキャラクターを設定して、自身の技術進歩に合わせてキャラクターのグレードを上げていく事が流行ったw
そんな中、芸能プロダクション「ホリプロ」からデビューしたのがバーチャルアイドル「伊達杏子」。
3Dキャラクターの癖に生まれたときからホリプロ所属という凄い女w
バーチャルアイドルは色々居るが、実際の芸能人として存在したのは、後にも先にも伊達杏子のみのようだ。
ラジオのレギュラー番組、CDデビューと活動して来たが反応はイマイチ。
時代を先取りし過ぎていたのではという意見もあるようだが、デザインが正直可愛くなかったせいもあるだろう。
1997年バージョンアップするが結局芸能界から消えていってしまう。
その後、何故か韓国でデビューしてたり、金沢工業大学のネット講座のナビゲーターとなってたりする。
で、今年、インターネット仮想世界「セカンドライフ」にて何故かアバターとして登場www
落ちぶれアイドル10年目として見るとなかなか面白いwwww

【テライユキ】1998年~2005年(引退と言う訳ではない)
伊達杏子と同じく3DCGクリエイターによって作られたオリジナルキャラクター。
伊達杏子と違って、バーチャルと現実のシンクロを狙わず、あくまでバーチャルアイドルとして徹底された活動を行う。
また、キャラクターの造詣も当時としては群を抜いていて、何気に人気キャラクターとなる。
3DCGソフトのパッケージでデビュー後は、ライオンのCMに出演したり、CDが発売されたり、DVDが発売されたりと、バーチャルアイドルの中ではトップクラスの売り上げと思われる。

【初音ミク】現在活動中
今一番人気のバーチャルアイドル。
動画ブーム、萌え二次元ブームという時代の流れに上手く乗れたキャラクター
(恐らく開発元はココまで話題になるとは考えて無かったと思われる)
元々アイドルとして作られたのでは無く、商品イメージキャラクターとして作られたので、ユーザーの妄想自由度が高かった事。
それに加え、ソフト自体がユーザーがオリジナルソングを作るという創作意欲をくすぐる物だった為
ネットを中心に話題となっていった。
自分達で作るという「芳賀ゆい」的な方向性はいいが、
メーカーが戦略を間違えると一気に崩れてしまう可能性がある。
ユーザーが多様化された現在においてメーカーの悩み所は多いと思われる。

その他・ゲーム関係
【藤崎詩織】1995年~2006年(ゲーム等における活動)
ゲーム「ときめきメモリアル」のメインヒロイン(ラスボス)
ゲームでの人気に便乗してメーカーがアイドル化計画と言う名の元、関連商品をバンバン売り出した。困った事にファンは殆どソレを買い揃えてるから始末が悪いw
しかし、CDとかでの活動くらいで、ときメモ関連のゲーム、ラジオなどでしか活動は無かった。
この計画に便乗して他のキャラクターもアイドル化しようとしたみたいだが、その頃には人気も落ち着き(無くなった訳ではない)特に大きい動きは無かった模様w
ちなみに中の人は、それなりにアイドル的に活動できたっぽいw

【アイドルマスターのキャラ】活動中
ゲーム「アイドルマスター」に出てくるアイドル達。
一応アイドルなので紹介w一部にはいまだ大人気www

【吉乃ひとみ】【永瀬麗子】【双葉理穂】
ゲームのイメージキャラクター

その他・アニメ関係
【リン・ミンメイ】
「超時空要塞マクロス」に登場するアイドル。
アニメ・キャラ人気から実際にアイドルのような活動をしようという話があがったが企画倒れ
元々歌手志望であった中の人「飯島真理」がアイドルとなった訳だが
ファンは飯島にミンメイを重ねており、ミンメイとして見ていたらしい。
飯島的にはソレが苦痛だったらしく、ライブにてファンが「ミンメイ!」の声に一度キレた事がある。
10年後、マクロスのイベントに飯島が参加。その際ファンに向かって「ミンメイって呼んでいいよ」と発言。
大人になった飯島を垣間見た瞬間であったらしい。(ちなみに若いファンは「???}だったとかw)

【田村英里子】【田中陽子】
実在のアイドルとのタイアップアニメ「アイドル伝説えり子」「ようこそようこ」
デザインは全く本人に似てないし、話も創作、声も声優が演じていた。

【レモンエンジェル】
忘れてはいけない伝説の深夜アニメのアイドル3人組
このグループをちゃんと覚えてる人は確実に三十代後半wwww(おや?w)
アダルトアニメシリーズ「くりーむレモンシリーズ」(製作:フェアリーダスト)のイメージガールオーディションで優勝、準優勝した二人と、ある劇団の女の子一人加えた3人で結成されたグループ。
フジテレビ深夜にて放映されていたエロアニメ「レモンエンジェル」「レモン白書」の主題歌
及び出演している自分達のキャラクターを演じていた。
当時まだ女子高生だった3人にエロシーンの声を担当させるという恐ろしい企画。しかも地上波www今では考えられないなwwww


・・・とまぁ、よくこんだけあったなw
調べてて驚いたデスよw(多分漏れてるネタがある気がする)(ウィンビーアイドル化計画は無しの方向でw)
途中から何がバーチャルなのか判らなくなりましたが、まー特殊なのがいっぱいあるって事で許してくださいw

コメント
この記事へのコメント
凄い!!分析、解説お疲れ様でした!!
こうやって歴史を見てると、古今東西バーチャルアイドルってのは
オタク(のみならず?)の心を掴んで放さないモノなんですねぇ~
最近、二次元に半分本気モードでハマれる業を身に付けたんで
何かバーチャルアイドルが人気が出るのが少し解るかも…(´Д`;)

最近のヘビロはニコで入手した初音ミクだお(^ω^)
2007/11/04(日) 00:19:22 | URL | カメ #-[ 編集]
>>カメさん
どうもどうもwありがとうございます。
まさか、こんなにも居るとはなぁwww
もともと、オタクのアイドルと言うモニターの向こうの偶像信仰に加え、二次元萌えというモニターの向こうの偶像信仰
この二つが一つになるのは、簡単だったのかも知れませんね。

初音ミクによるMADが増えてるみたいですねぇ
じつはまだその辺りはチェックして無いので
機会があったらみてみるか。
レベル高いのあるかなぁw
2007/11/04(日) 15:55:03 | URL | MASAKI #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。