M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ローゼンメイデン復活?
2006年末にこのような記事を書きました・・・。
■ローゼンメイデン最大のピンチ!?
http://masakib.blog68.fc2.com/blog-entry-74.html
要約するとマンガ「ローゼンメイデン」の作者と掲載誌編集部との関係が悪化。
上記記事の後、ローゼンメイデンは物語が途中のまま強制的に最終回を向かえる(伏線回収どころか、いきなりの終わり発言)
すぐにコミックス最終巻(8巻)が発売されたが加筆修正も無く、通常の約半分という薄いページ数で販売。唯一の書き下ろしは表紙のみという状態。

まさに旬の状態での出来事だった為、ファンの間で混乱も見受けられたが、
以前から、作者自身の編集への不満。編集の態度。内部事情チクリ。などいい加減な編集部の実態が囁かれていた為、炎上などは無かった模様。

しかし、人気作品だけに復活を希望するファンの声も大きく、
最終回直後は「どの雑誌で連載を再開するか」予想が盛んに繰り広げられたが、特に大きな動きも無く1年が過ぎた。

今週、突然のニュースが流れる。
・作者PEACH-PITによる読み切りが週間ヤングジャンプ(集英社)に掲載されるらしい
・ヤンジャン公式サイトでは表紙にモザイクがかかっている。
・人形の話。ローゼンメイデンが関係しているっぽい


・・・との事。
cover.jpg
ローゼンメイデン主人公の真紅じゃんっ
内容は、ある人形師が少女の人形を作り上げるのを紹介する内容。
ってか、確実にローゼンメイデンの内容を描いている。

どうやら、移籍先は集英社に決まった模様ですね。
もともと作者はマイナー系雑誌を中心に活動していたので、角川・メディアワークス系か、エニックス・スクウェア系、現在連載を持っている例外な講談社を予想していたのですが、集英社は意外でした。

しかも雑誌がヤングジャンプと言うのも意外。
せめて「ウルトラジャンプ」や「ジャンプSQ」かと思うのですけどねぇ・・・。

ちなみにネットで面白い書き込みを見つけました。
「元々ローゼンメイデンの権利を所有していた「幻冬社」との契約が今年の3月まである」との事。
それと同じく、ローゼンメイデンの真紅を使ったネットサービス
「ローゼンメイデン アリスプロジェクト」http://alice.biglobe.ne.jp/ap/verkunden_Sieも、
突然3月いっぱいでサービスを終了する事を発表した。

どうやら「幻冬社」を通じたローゼンメイデンの権利は本当に3月で切れるようだ。
実際これからどういった方向で進んでいくのかは判らないが
来週のヤングジャンプの重大発表に期待するしかないようです。
up262375z_convert_20080320152738
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。