M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■【レビュー】マンガ「狼と香辛料」1巻
53400024a.jpg
新しいマンガを買ったので紹介
コミック版 「狼と香辛料」1巻
ライトノベル原作のマンガです。
この物語、面白いとネットにあったのですが、いかんせん活字離れの激しいMASAKIにラノベが読める訳もなくw
先日発売したコミック版で「狼と香辛料」の世界に触れてみました。

中世のヨーロッパみたいな世界で、行商人の主人公と「豊作の神(狼)」(職務放棄)の狼少女のお話。
流行りの萌えマンガかと思いましたが、それだけでもなくw 商人の商売での駆け引きなどを書いていました。
また、主人公は基本的に頭がいいのですが、狼少女のアドバイスを受けながらもう一歩前に行く感じがいいですね。

まだ一巻なのでまだまだ判りませんが、とりあえず2巻を楽しみにしたいと思います。

狼と香辛料 1 (1) (電撃コミックス)狼と香辛料 1 (1) (電撃コミックス)
(2008/03/27)
支倉 凍砂、小梅 けいと 他

商品詳細を見る

コメント
この記事へのコメント
新しいマンガ開拓ですか。
先日今更ながら、らき☆すたの第1巻なんぞを買い、
まだビニールすら取ってない始末。
リアルな中世ヨーロッパモノなら
「ピルグリム・イェーガー」なぞ。
原作の冲方 丁(うぶかた とう)でググってみるのアリかと。
2008/04/01(火) 23:58:18 | URL | どい #-[ 編集]
>>どいさん
あるあるwww
買ったのはいいけど袋から出してない状態よくありますwww

冲方 丁って人はマルチに文章を書いてる方なんですね、公式HPのプロフィール欄の流れがちょっと好きですw
今度読んでみるかw
2008/04/03(木) 04:24:00 | URL | MASAKI #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。