M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■落とし物検索システム・・・・なんて、あったんだ。
【周知不足?使いにくい? 落とし物ネット検索が低調】
インターネット上で落とし物を捜すことができる「落とし物検索システム」の導入から半年で、持ち主へ返還された兵庫県内の落とし物は、全体のわずか0・01%程度と低調だったことが二十一日、兵庫県警のまとめで分かった。
半世紀ぶりに改正された遺失物法の柱とされた制度だが、制度の浸透不足に加え、ネットを日常的に利用しない世代は直接警察署に問い合わせていることなどが原因とみられる。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001159558.shtml
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
ってか、そんなシステムあったんですねぇ。兵庫県。
住んでますけど、全然知りませんでしたwwwww

簡単にまとめると、去年法律が改正されて保管期間が短くなってしまったが、
その分手続きなどを緩くし、警察だけでなく電車やデパートなど人の集まって落としもが多い施設は
保管・処分ができるようになった。

で、今回の「落とし物検索システム」は手続きが緩くなったので採用された、警察的に楽ができる画期的なシステムだった訳ですが、
知名度が低いせいか、まともに機能しなくて困ったって話。

日本人の悪い点かもしれませんが、ある程度したら「諦める」って感情があるじゃないですか。
「探すの面倒だし、もう見つからないだろう」とか
「仕方が無い。落とした事は勉強代って事で今度気を付けよう」とか
とにかく諦めの感情が強いですよね。
あと「また買ったらいいわ」的な物を大事にしない消費癖。
こんなんだから、いくらシステムを用意しても無駄なんじゃね?と思う。

まぁなんだ。
もし何かを落としてしまった時は、落とし物検索システムを思い出して上げてください。

・兵庫県警 落とし物ページ
http://otoshimono.police.pref.hyogo.jp/



・・・・今さっき、上記のページのURLを紹介しようと兵庫県警のHPを見に行った訳だが、
細かい字でゴチャゴチャしてて、見る気が失せる。
これも利用されない原因の一つじゃないかと・・・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。