M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■お湯の方が水よりも先に凍る?
【「水よりお湯の方が早く凍る!」 「ためしてガッテン」実験は本当か】
水よりもお湯の方が早く氷になる――。NHKがこんな氷の早作り技を番組で紹介したところ、早大の大槻義彦名誉教授がブログで「物理学で未解明」などと激しく批判。一方、NHKでは、「実際に実験で確認しており、番組に問題はない」と反論している。

http://www.j-cast.com/2008/07/26024115.html
**************************************************************

さてさて、ためしてガッテンはボクも観ていました。
1963年にアフリカの少年がお家でアイスクリームを冷やそうとした際に発見した現象だそうです。(簡略)
6年後の1969年にイギリスの物理学博士オズボーン氏と共同で研究結果をまとめ、「ムペンバ効果」として発表されました。

上記ソースの記事によると「ムペンバ効果」はマイナーな現象らしく、日本の専門家でも知る人は少ないと書かれている。
しかし、youtubeに実験動画がうpされていたり、2chなんかでも実際に実験して報告している人も居るので、実際にお湯の方が先に凍る結果だけは出ています(ある種の条件が必要と思うが・・・)
また、東京水道局の子供向け実験ページにも「ムペンバ効果」は書かれており、
そこでは“水は表面から熱伝導により凍るが、お湯は小さくとも対流が発生する為全体が冷やされる為”としている。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tokyo-sui/kids/kids_jikken17.html

さて、問題の大槻教授のブログでは・・・・。
“確かに実に馬鹿馬鹿ものです。
水Aと、それと同じ水を温めたお湯Bがあるとしましょう。もちろんBは冷やされやがて、Aと同じ温度になります。それから両者が凍るのには、まったく同じ時間がかかります。
つまり、AとBが凍るまでにはBのお湯が冷やされ、Aの温度になる時間だけ余分にかかります。”

http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/72_2893.html
・・・・あれ?
いや、そんな小学生でもわかる事で反論されても・・・・。
今回の「ムペンバ効果」は、その小学生でもわかるような単純な水→氷への変化が
「実際にやってみたらそんな単純じゃなかった」みたいな結果が出たから、「凄いね~」とか、「ムペンバ効果は本当だったのかもしれない」って話が出てきた物。

実際「ムペンバ効果」は、まだ未解明な点がある為正式なモノではないにしろ、結果が出ているんだよって報告してるだけでしょ。
この人この教授何言ってるんでしょ?????

“NHKが実験もしないで軽々しく、
「早く氷を作るなら、一旦、お湯にしてから冷蔵庫に入れろ。」
と放送したら、これは誤放送です。
単に誤放送では済まされない。
お湯を作るエネルギー、お湯を凍らせるための余分なエネルギーの無駄づかいを煽っているからです。
実験もしないで実験したかに放送したのならば、ヤラセです。オカルトほどでなくともこれはれっきとした『ブードウ科学』です。”

http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/72_2893.html
・・・・・・・はぁ?
ブログ読者のメールだけで文章を書いてる事が伺えます。
「あるある大辞典」の納豆の捏造と違って、「ムペンバ効果」は元々存在します。
ソレをNHKは番組で実験して、ソレを報告した訳でしょ。
実際、多くの人が実験して結果が出てる訳だし。(失敗例もある)
「無駄なエネルギー」云々は理解できますが、頭のいい教授の意見とは思えない内容です。

「実験もせずに・・・・」と言うのであれば、まず御自身が実験をして「ムペンバ効果」は馬鹿げていると証明してもらいたいです。
大槻教授の言葉を借りるなら・・・・

“実験もしないで思い込みだけで批判を発表したのならば、ヤラセです。オカルトほどでなくともこれはれっきとした『オオウソツキ科学』です。”

ま、
かくゆうボクも実験した訳じゃないけどなwwwwwwwwww

参考:ウィキペディア「ムペンバ効果」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%90%E5%8A%B9%E6%9E%9C
:東京水道局「水のおもしろ実験」
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tokyo-sui/kids/kids_jikken17.html
:NHK・ためしてガッテン「今年も猛暑!お宅の「氷」激ウマ大革命」
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q3/20080709.html
コメント
この記事へのコメント
追記
あくまで大槻教授という発言力のあり、行動する事が出来る立場の人間が、何もしないで子供のような理由で否定している事にツッコミを入れています。(なんでもプラズマって言ってりゃいいって訳じゃないレベル)

「ムペンバ効果」は未知の部分が多い事を理解した上で、NHK等の実験結果を素直に受け止めています。
ですので、ハッキリと「間違っている理由」を「小学生でもわかるように」
説明していただかない限り、信じる事ができません。

真実も嘘も「百聞は一見にしかず」であります。
2008/07/28(月) 04:00:17 | URL | MASAKI #-[ 編集]
大槻教授がとてもとても重い超重量級の腰をあげてくれたそうです。(自身曰く)http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/75_8f39.html

結果は大槻教授の言うとおり「ほらみろ水の方が早く凍るじゃないかボケ!NHKは嘘をついている!俺は正しい」でした。

でも全否定はどうかと思う訳です。
大槻教授の実験結果は納得しましたが、説明がイマイチ・・・。
お湯が先に凍らない説明はいいですが
お湯の方が先に凍った人の結果に対して「偶然です」で終わり。
いやいやいや、ソッチを聞きたい訳でwwww
おっさんの中では「これ以上無駄な事に付き合ってられない」んでしょうが、ソコから凍った人と凍らなかった人の違いを模索していく訳でしょ?
面倒だったら最初ッから反応しなきゃいいのに・・・・。

>ムペンバ効果は、相転移の物理の新しい発見でもなく、まして新しい法則でもありません。

一番笑った。
誰もそんな事思ってません。(もしかしたら勘違いしてる人が居るかもしれないがw)
NHKが放送時に言ったのであればソコは突っ込んでいい所だとは思います(ボクは覚えてません)
あくまで、こんな現象があったりする。
良くわかんねーケド何かあるんだろって程度でしょ。
そんなぶっ飛び過ぎな所が今回の騒動の一因だというのに・・・・。

とりあえず、お湯を用意する時間とエネルギーが勿体無いって点は同意なので、少なくとも遊び以外ではお湯を使う事は無いですねw
2008/07/31(木) 22:56:45 | URL | MASAKI #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。