M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■たまには
【衝撃事件の核心】八つ当たりで無差別殺人犯 頻発する“歪んだ自己愛”
通行人や買い物客が無差別に襲われる事件が相次いでいる。
容疑者たちは「鬱憤(うっぷん)をはらしたかった」「誰でもよかった」と短絡的な動機を口にするが、このうち、最近は「(親や上司を)困らせるためにやった」と供述するケースが目立っている。
対人関係の八つ当たりから無差別殺傷に飛躍する理不尽な凶行。
専門家は自分を過大視する「歪んだ自己愛」が背景にあるとみているが…。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/168301/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
捜査員も首をかしげる「自己中心的な動機」
以下ソース先にある事例を簡単にまとめた物

【スーパーで買い物をしていた女性、刃渡り約10センチのバタフライナイフで数ヶ所刺されて重体】
犯人の男はスグ出頭→逮捕
「普段から社長に仕事で文句を言われ、(犯行を起こして)恥をかかせてやろうと思った」

【14歳の少年が東京行きの高速バスをジャック】
少年は愛知県警捜査員の説得に応じて投降→逮捕
「(交際しようとしていた)女子生徒に10万円を渡そうと友人に借金を申し込んだら、両親にしかられた。両親に対する嫌がらせでやった」

【アルバイト店員の女子大生(22)が包丁で刺されて死亡し、客の女性(21)も重傷】
逮捕された会社員の男(33)の動機は
「職場の人間関係に不満が募り、悩みを両親に相談したが聞いてもらえず、困らせようと思った」


 嫌がらせや、困らせるために、その相手ではなく、見ず知らずの他人を襲う凶行。
“八つ当たり”にしても理解不能だが、その心理構造はどういったものなのだろうか。


「何かトラブルを起こして相手を困らせようとするのは『甘え型・依存型犯罪』。
子供が叱られて『グレてやる』というのと一緒だ」
 新潟青陵大大学院教授(犯罪心理)の碓井真史氏は、この手の犯行は幼稚な精神構造が背景にあると説明する。

 全く無関係の人間であるならば、その人の意見に左右されることはないものの、
親や社長などもともと人間関係ができあがっている場合には、「愛されたい」「認められたい」という気持ちが働く。
さらに本人にとってその存在が大きければ、関係はリラックスからストレスへと変化していくというのだ。
 「『こんなに一生懸命にやっているのに、なんで理解してくれないんだ』との思いがあるはず。
最悪の場合、事件を起こすなど自分の幸せを犠牲にしてでも相手を困らせようという論理に飛躍する」

さらに、こうした精神構造は、最近の若者に多くみられるという。
 「現代の若者には、打たれ弱く必要以上に自分が惨めだと考える傾向にある。
だが、その裏で、自分を過大視しており、『なぜ認めないんだ』『自分はこんなもんではない』との思いも強い。こうした『歪んだ自己愛』を持った者が増えていることが影響しているのではないか」



・・・・・。
まぁ興味ないだろうし、面白くもないだろうケド読んでみてよ。
認めたくないかもしれないけど、こんな気持ち持ってない?
特に何もしてないのに俺はもっと出来る人間なんだって思ってない?
それでいてなんとなく現実がわかってるから自分が惨めだと感じてない?
面白い事楽しい事を共有するのはいいけど、変なオナニーの捌け口はご免です。

最近の流行り曲とかアニメとかマンガとかで良く見かける
「君の実力はこんなものじゃないよ」とか
「本当の君はもっと・・・・」とか
「封印している真の力・・・・これが開放されればっ(邪気眼)」とか

中途半端な応援メッセージが込められたモノが多いと思います。
何もしていないのに、何かができるハズがないです。
くせぇくせぇwwwwwww

努力、経験、才能、人生において絶対に必要な物だって。
それらが無いのに、無理するから嫌われるんじゃね?
その鬱憤を他人のせいにする犯罪者はもっと最低だと思うんだよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。