M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■オカエリナサト ~探査機はやぶさの帰還~
【お帰り「はやぶさ」、13日深夜ネット生中継】
13日深夜に地球へ帰還する小惑星探査機「はやぶさ」が大気圏に突入するときに流れ星のように光る様子が、インターネットで生中継される。

 宇宙航空研究開発機構によると、はやぶさの大気圏突入は日本時間13日午後10時50分ごろ。和歌山大学宇宙教育研究所は、はやぶさの試料カプセルが落下するオーストラリア南部のウーメラ近郊で、これを待ち受ける。
超高感度カメラでとらえた映像を、ホームページ( http://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/news/news20100613.html )で中継する計画だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100612-00000488-yom-sci


2003年5月
探査機「はやぶさ」は「小惑星イトカワ」を目指して宇宙に旅立ちました。
目的は、イトカワから表面のサンプル採取。
ぶっちゃけ、「小惑星の石を持って帰る」ってだけです。
でもでも、これはすごい事で、月のような衛星でなく小さいとは言え惑星から何かを持って帰ってくるという事は人類史上初めての事なんです。
その上、もしかしたら星の誕生の解析に役立つデーターが取れる可能性もあるのです。(長くなるので割愛)

はやぶさのミッションはこれだけでなく、その打ち上げ~航行~イトカワ観測~サンプル採取~帰還と全てが実験を帯びています。
そして、何より凄いのは・・・

超低予算

・・・で、この実験が行われた事ですw
NASAなんかはすごい予算を使って、プロジェクトを行います。
(ちなみに、中途半端な予算で新技術を作ると、あっという間にパクられるそうな・・・。)
ただ、低予算とは言え何億円も動く為、事業仕分け等では無駄と言われましたが・・・。(正確には広報部が叩かれた訳ですが・・・)


そして、7年後の今日。
ついにはやぶさは、サンプルを持って地球に帰還します。
低予算の壁だけでなく、観測史上最大規模の太陽フレアの遭遇。機器の故障。それに伴うスケジュールやミッションの変更。数々のトラブルを乗り越えてきました。

まさに日本の技術屋のアイデアと努力と技術の結晶です。
興味の無い人には全く面白くもなんとも無いのですが、
男の子だったら一度はときめく宇宙のロマン。
無事にサンプルが地球に届くことを願わずにはいられません。

以下に、シンプルかつわかり易く見やすい関連(応援)動画のリンクしておきます。
軽く流し観だけでも、はやぶさと関係者の凄さが伝わるのではないかと。
ただし、2次元寄りなんで、その辺はあしからずw

[はやぶさ]今度いつ帰る ~はやぶさ探査機~ 初音ミク・動画版


探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力


探査機はやぶささん



今日の夜に帰還です。







帰還とは言え、最終的な帰還は採取カプセルのみ。
本体であるはやぶさの最後のミッションは、大気圏突入による・・・・・。

http://hayabusa.jaxa.jp/message/message_001.html

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)
(2006/11)
吉田 武

商品詳細を見る


小惑星探査機 はやぶさの大冒険小惑星探査機 はやぶさの大冒険
(2010/07/29)
山根 一眞

商品詳細を見る


現代萌衛星図鑑現代萌衛星図鑑
(2009/06/10)
しきしま ふげん

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
すごいことなんやけどなぁ・・・
テレビではあんまり言わんね。
せめて、ブログ読者にだけでも知ってもらおうと記事書いたよ・・・
2010/06/13(日) 18:43:33 | URL | ふく★ラモーン #-[ 編集]
>>ふくさん
NHKはネットで叩かれてますねぇ。
ただ、リアルタイム生中継するには難しいネタだとは思いました。
でも管制室とかの生の声は聞きたかったなぁ。

生放送はできなくても、もう少し大きくニュースで取り上げて欲しかったですねぇ。
2010/06/14(月) 00:17:00 | URL | MASAKI #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。