M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■エロマンガ島でエロエロ
男の子だったら一度は聞いた事のある島「エロマンガ島」
地図帳で見つかる伝説の島「エロマンガ島」
青春と若さを象徴する島「エロマンガ島」
夢と希望と欲望の渦巻く島「エロマンガ島」
一度は行ってみたい・・・かもしれない島「エロマンガ島」
掲示板ではZIPでくれが合言葉「エロマンガ島」


知らない人はいないと思う超有名な島ですね。
多くの人に「世界にある有名な島は?」でアンケートとったら、10位内には確実に入ってそうなくらいです。

では、「実際にエロマンガ島に行った事ありますか?」とか
「エロマンガ島について何か知ってますか?」と聞かれると、殆どの人が行った事がない。知らない。わからないと答えると思います。

中には、「都市伝説だよ」とか「エロマンガだらけなんだよ」と答える人も居るかもしれませんねw
では、実際エロマンガ島ってなによ?って事でちょっと調べてみました。



人口1500人近く 面積975k㎡ 火山のある小島で周囲はサンゴ礁で覆われているエロマンガ島。
産業は牧畜業と農業。牛用の広い牧場が広がっています。かつては島全土が密林に覆われ、上質の白檀がとれたそうですが、今は見る影もないそうです。
そして、この白檀が後にエロマンガ島に悲劇をもたらす事になりました。


かつてエロマンガ島には1万人近くもの人が住んでいました。18世紀頃イギリスとフランスの共同統治領になっていましたが、特に何も無かったので無政府状態でありつづけました。
しかし1820年頃に白檀の樹が発見され、一気に注目される事に・・・。
〔白檀とは香木の一種で、熱を加えなくても芳香を放つ為、置物などに好まれ、紀元前5世紀の頃には既に高貴な香木とされていた。 また栽培・入手は大変困難な為、それだけでも貴重種といえよう。〕


白檀を求めて多くの交易船がエロマンガ島に来るようになりました。
しかし、交易とは名ばかりで殆ど略奪に近い内容だったそうです。
その上、商人やキリスト教布教の為の宣教師達によって島には疫病(インフルエンザ・赤痢・はしか等)が持ち込まれてしまい。免疫及び薬の無かった原住民達は次々と死んでいってしました。
また、商人達による住民虐殺も頻発し、人口は4000人近くまで落ち込んでしまったそうです。


1860年代にはついに白檀の大半が伐採され、森の殆どが死滅してしまいました。その為商人の目的はオーストラリアのサトウキビ畑で奴隷として働かす為の人身売買のみとなり、島は荒れて行く一方となる。



そして1884年に事件が起こる。
実は、エロマンガ島には昔から食人の風習が普通にあって、商人や宣教師達が襲われる事がしばしばあった。
ある日、フランス人宣教師が人間狩りにあい食べられる事件が発生。
フランス軍は報復のため上陸。村一つ焼き払った。
その後、ヨーロッパ人が襲われると報復するという日々が続く。

1906年にイギリス・フランスにより行政機関が設置され、島は完全に統治された。また、ヨーロッパ人によって持ち込まれた疫病を宣教師達は神罰とし、キリスト教を原住民達に浸透さえる事に成功。食人の風習は禁止された。
しかし、疫病も人身売買も治まった訳ではなく、1930年代には島の人口は400人にまで減少してしまっていた。

島の社会は完全に破壊され、昔から続いていた伝統文化は完全に消え去ってしまった。
また森林の伐採のため気候も変化。
現在は1500人近くまで人口は増えたが、かつてのように1万人の人口を支えるだけの環境はエロマンガ島には既にない。

名前だけは色んな事を想像させてくれる夢の島「エロマンガ島」
実際には血で塗られた歴史を持つ悲しい島だった訳です。
また、昨今「エロマンガ島」表記は「イロマンゴ島」と表記されるようになり、夢の島は本当に夢の島になろうとしているそうです。

ちょっと前、エロマンガ島が水没したって噂話がありましたが、表記変更で発見できなくなった為、そんな噂が流れたのかもしれませんね。

参考文献
悲劇の島エロマンガ
http://www.apa-apa.net/kok/news/kok198.htm
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』イロマンゴ島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E5%B3%B6

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
イロマンゴ島イロマンゴ島(イロマンゴとう、''Erromango Island'')は南太平洋、バヌアツに存在する島。ニューヘブリディーズ諸島の一つ。日本ではエロマンガ島という名前で呼ばれる事も多い。島の中心部に標高1_E2_m|837mの火山がある小島で、周囲は珊瑚礁に覆われている
2007/03/06(火) 18:54:52 | 噂・うわさ・伝説etc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。