M'PROJECT -MASAKI雑記ブログ-
  日々の出来事や下らないネタ社会ニュースからオタクネタまで 幅広く適当に思いつきでつづっていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ローゼンメイデン最大のピンチ!?

先日、アニメ特別編が放送され、コミックの売れ行きも上々。某巨大掲示板にはこれでもかって程の関連スレッドが立てられる程の人気の「ローゼンメイデン」 MASAKIもコミックスを買い揃えちゃっています。 しかし、忙しい年の瀬の12月30日に以下のようなニュースが流れました。

【ローゼンメイデンのPEACH-PITとコミックBIRZで内紛勃発!?】
http://www.new-akiba.com/archives/2006/12/peachpitbirz.html
麻生外務相がどうこうはどうでもいいのですが、ファンとしては気になる記事です。

雑誌バーズを置いている書店が近くにないので確認は出来ないのですが、現在発売中の月刊コミックバーズ2月号には掲載されていないみたいです。
次回予告には名前があるんですけどね・・・。
ローゼンメイデンの作者であるPEACH-PITの公式HPには作品の最新情報が見れるページがあるのですが、「詳しい事情をお話しできず非常に残念ですが、編集部側に掲載の意志があれば次号誌上で詳細をお知らせできるかと思います。」と書かれていました(現在は見れなくなっています)
これだけで、なにかトラブルが発生した事が素人でもわかります。

・編集部側で何かのトラブルが発生した。
・トラブルのせいで雑誌掲載が見送りになった。
・作者サイドは御立腹っぽい(普通このような文章をうpしない)

また、某巨大掲示板ソースになりますが、作者のブログに自分達の担当が連載当初からネームチェックをまともにしていない脱字・誤字(どころじゃ済まない、話が変わってしまうレベル)が多い
・・・との事が書かれていたそうです。
また、「今月号の休載は編集部が原稿を紛失したのが理由」との書き込みもあったそうです。

本当かどうかはわかりかねますが、作者が編集部に対して何らかの不満を持っていたのは確かだと思います。


で、ファンとしてはトラブルの内容・原因も気になりますが、
一番の注目は、ローゼンメイデンの続きはどうなるの?ですね。

編集部に対する不満が解消されて、このまま何事も無く連載が続くのでしたら問題ないのですが、
最悪、打ち切りの可能性だってあります。
しかし、今やドル箱のローゼンメイデン。業界がみすみす逃すとは思えません。
雑誌(雑誌社)移籍案等もファンの間では噂されていますし、実際にメディアワークスや角川が動いているとの話もあります。
また、今年はコミック誌の創刊ラッシュだったのですが、イマイチ伸び悩んでいる所にこのニュースです。
なんとか前に出たい各雑誌社も動き出すかもしれませんね。
しかし、移籍すると言う事は何か新しい問題が発生するものです。
打ち切りではなくとも、話の続きはみれなくなる可能性だって・・・。

作者もファンも安心してローゼンメイデンが楽しめるように、丸く治まって欲しいものです。
まずはコミックバーズの来月号をチェックしてみましょう・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。